おしらせ

保育の広場

保育の広場 〜ひよこ組〜 5月

ドキドキワクワクを胸にころりんに入園し、早くも二週間が経ちました。

大好きなお母さんお父さんの元を離れてころりんに来てくれた6人のひよこちゃん。

毎日がたくさんのワクワクで溢れていて、ひよこちゃん同士はもちろんのこと、きじさん、はとさんの部屋にたびたびお邪魔してはその子がやっている遊びに「何しているの〜?」と興味津々!

遊びを教えてもらったり、仲間に入れてもらったり…毎日元気に遊んでくれています!

 

<ひよこちゃん、はじめてのころりん>

始業式の日、初めてお父さんもお母さんもいない自分だけのころりん。

今年のひよこちゃんはドキドキして泣いちゃう子いるかな、どうかな…と思いながらオレンジコースのバスが来るのを待っていると…

なんと!

ニコニコ笑顔でバスから降りてきたひよこちゃん!

そしてそのまま園庭にダッシュ!

私の方がドキドキしていたんじゃないかというくらい元気に遊び始めるひよこちゃんに思わずびっくり!

そして、入園式の時にはおもちゃがなかったひよこの部屋。

みんなに「ひよこちゃんのお部屋が変わったんだよ!」と言うと「え!?」と靴をぽーいと投げ捨てながらひよこの部屋に入る子どもたち。

そして…

「わぁ!おもちゃがある!」

「恐竜と仮面ライダーだ!」

と目をキラキラさせて喜んでくれました。

早速始まったのが仮面ライダーVS恐竜VS車!

それぞれ好きなおもちゃを手に持ち、全力で私の持っている恐竜にアタック!

「うわぁ〜!」と恐竜がやられても止まらないアタック攻撃!

戦いごっこをしているとみどりコースのバスがころりんに到着!

なんと!みどりコースの女の子たちもニコニコでころりんに!

ひよこちゃんたちすごい…

と思っていると子どもたちはひよこの部屋に入るなりそのまま

「あ!(おもちゃや本棚、テーブルを置いたので)なんか狭くなってる!」

と言いながらおままごとコーナーにダッシュ!みんなそれぞれやりたい遊びに夢中!

そして、帰りには

「帰りたくない!」

「まだ遊ぶ!」

と言ってくれるひよこちゃんもいて、「明日もころりんでたくさん遊べるよ」と声をかけてみると

「やだ!今遊んでたい!」

…そうだよね、明日も遊べると言われてもこの楽しい遊びをしているのは“今この時“。

子どもたちは今を生きている、というのを改めて実感しました。

(この日はバスにも面白いものがあるかも?と言うと「見にいく!」と一緒にバスに行き、そのまま乗ってくれました)

お母さんのお迎えを待っていたAちゃん。

最初はニコニコで私と一緒に遊んでくれていたのですが、ロンドンバスの滑り台の下で

「ママー!」

と大きな声で泣いて寂しい気持ちを教えてくれました。

泣く前にほんの少しの間流れた静かな時間。

きっと私と遊びながらも寂しい気持ちを我慢していたと思うので、大きな声で泣いてくれたことにとても安心しました。

悲しいとき寂しいとき、泣きたいときは我慢しないで泣いていいんだよというのが、少しでもAちゃんに伝わっていたら嬉しいです。

そしてこれはAちゃんだけでなく、ひよこちゃんみんなにも伝えていけたらと思います。

 

半日保育という短い中でもころりんのことやクラスの子だけではなく、きじさんはとさんのことを少しずつ知っていって、私や、りなちゃん(ひよこ組担任)のことを覚えてくれ、中には

「え、もうそんなことを覚えてくれたの!?」とびっくりすることもたくさんあり、日々遊びながら色んなことを吸収してくれているようです。

まだドキドキしている時もあるひよこちゃんですが、これから仲間とたくさん笑って泣いてケンカして…少しずつころりんが安心の場所となり、一人ひとりのペースでその子らしさを出していってくれるよう寄り添えたらと思っております!!

ひよこちゃんのころりん生活はまだまだ始まったばかり!

これから始まる一日保育や行事もすごく楽しみです!

一年間どうぞよろしくお願いします!

<ころりん初!?〜リモート保育〜>

4月の日中はあやかちゃん(ひよこ組担任)にテレビ電話を繋いでもらい、リモートで子どもたちとお話しさせてもらっています。ころりん保育初日、きっとひよこちゃんたちもドキドキの1日だったと思います。

実は私も初めてのリモートでの保育に内心ドキドキでした。
集まりの時間に電話を繋いでもらい、かわいいかわいいひよこちゃんたちの姿から元気とパワーをもらった集まりの後…

Aくんが恐竜フィギアで画面越しにガオー!と脅かしてきてくれて、私がうわぁ、恐竜だ!

と倒れてみせるとAくんはニヤッと不敵な笑みを浮かべ、また同じように何度も戦いをしかけにきてくれました。

それをみていた他の子たちも違うフィギアで参戦!

Aくんのおかげで戦いごっこが開幕し、それから毎日必ず一回は画面越しの戦いごっこが繰り広げられております💡

Bくんはいつもお気に入りのシャチのぬいぐるみで戦ってくれて、

「深海に潜って隠れてるよ〜」

と、画面にシャチが映らないようにして私の技を華麗にかわしたり(笑)

Cくんは戦いの合間に

「おいしいものあげようか?作ってくるね!」

と、ジャムパンやハチミツパンなど、甘い食べ物を差し入れにきてくれるのでした(笑)

 

別の日、はとさんの男の子とウルトラマンフィギアvsミニオンのぬいぐるみで戦っていました。(最近は私の家で持ってるぬいぐるみを総動員して、画面越しにエイ!ヤー!と戦っております笑)

戦いの途中、やられたー!!という私の声を聞いて

「どうしたの?」と近づいてくれるDちゃん。

画面の前に来てくれたようですが、距離が近すぎるのかDちゃんの洋服のアップしか写りません。

何してるのかなぁ、と思っていると小さな声で

「よしよし、大丈夫よー」とDちゃんの声が聞こえてきました。

するとあやかちゃんが横から、「りなちゃん!今Dちゃん、ミニオンとりなちゃんの頭を撫でてくれてます〜」と教えてくれました!Dちゃんの優しさがとってもうれしかったよ!ありがとう!!

Eちゃんはいつも「ぬり絵見てー!」と素敵な作品を見せてくれたり、何かの拍子で私を映してくれているiPadがバタンと倒れてしまった時には、

「転んじゃったの?大丈夫?」

と優しく画面の中にいる私の心配をしてくれたり、、、

Fちゃんはいつもお友達とニコニコ遊んでいる姿はたくさん見るけれど、一緒にお話したことってまだあんまりまだないなぁと思っていると、ある日息を切らして突然画面の前に走ってきてくれました。

そして、

「ピカチュー!いまさ、げんきがねー、ガブガブーって追いかけてきたんだよー!」

と、楽しそうに教えに来てくれました!

このように、本当にかわいくて優しいひよこちゃん。

リモートでの保育、楽しく遊べるかな?と少し不安な気持ちもありましたが、そんな心配をよそに、子どもたちはいつだって心を寄せて一緒に遊んでくれています。
もちろん、はやく直接子どもたちと思いっきり遊びたい!という思いでいっぱいですが、画面越しだからこそ見えた子どもたちの可愛さやおもしろさがあったり、優しさや温かさに気づいたり。

本当に子どもたちって愛が溢れていますね…!!

こどもたち、保護者の方々、職員の方々、皆様の暖かさに本当に本当に感謝しております。

少しずつではありますが、また子どもたちと泣いたり起こったり笑ったり…

日々をすごしていけたらと思います!!

今年度もよろしくお願い致します!!

りな

 

一覧に戻る